氣志團ちゃんに行ってきた。先週の金曜日。せっかくなので書いておこう。

 

 

楽しかった。楽しすぎた。

ここ数年、そんなことをGIGに行くたびに言ってる気がするが、そんなの。

ここ数年、昔ほどいっこいっこのGIGが鮮明ではなく、「あそこにGIG行ったの何年前だっけ」とかいう会話が合致しない。

昔ほどはしゃぐわけでもない、が、

とてもとてもとても楽しかった!

これはひとえに友達みなさんのおかげ。氣志團ちゃんのおかげ。

 

 

そう、一ヶ月前に京都に行ってたのであったが、

京都では見事に、一番後ろの席だったゆえ、いろんなものが見えておらなんだ(遠かった)

大阪では前の方だったので(恐るべし友達)いろんなものが見えた!

 

 

いやぁー!

最初のBEMYBABYから始まり、房スカからはじまり、あとなんだ。。。(詳しい曲順とかわからんけど)

黒い太陽では上がるし、そう!

しょーやんがいっつも以上にキレッキレで(ほぼ行ってる友達より)カッコよくてカッコよくて!

「好きなコにええトコ見せようとはりきってる男子」そのものだったそうで、

そらーもう!

カッコかわいくってですね。

ルシファーとかでは、思い出すぢゃないか。いろーんなもんを。

そうだ、私はむかぁし、アホみたいに氣志團ちゃんが好きだった。完璧に頭おかしかったやん。。。

などと、いろんなもんを思い出した。

 

 

いっつもなら「長いな」としか(と言ったら失礼だけれども)思わないかもしれないMCも、

「めさんこかわいい。。。」などと思いながら笑いながら見て聞いてしまい、

本編終わって時計みたら9時半で(この時点で3時間)

さっすが。全部で3時間半のGIGであった。

そら、お叱りも受けるだろ(しょーやんついったより)

 

 

終わってからもみなさんで「しょーやんカッコよかったなぁ。。。」とか言いながらビールを飲んでおった。

そう、

昔はこんなんであった。

一時期「顔がパンパンすぎる。。。」などという時期もあったけれど、

今のしょーやんはほっそりしている!シュッとしている。

結成から20年やて。

昔もいまもこんなふうに、みんなとガヤガヤできるのはひとえに氣志團ちゃんのおかげ。続けてきてくれたから。

えらいこっちゃ。ほんのこつ。

 

 

そんなこんなで、

来週の中野にも行きたいのだけれど、行けねぇので(もろもろ)

なんか発表あるかなーなどと、勝手にウキウキしている。

「そういえば買ってなかった」成人式ブルーレイを買いまして(熱ってスゴイ)

「こんなGIGやってたんだな」そう、記憶にないぞ。

そう、2017年1月8日なんて、病み上がりでまだドキドキ生活をしておった頃であった。

きっと、こんなGIGやるよー!って発表あった頃は、いろんなもんにまみれて毎日寝る寸前までバタバタしておったのであった。

そら、知らんわい。こんなGIG行われてるの。

お友達から「ゆっき来たよ!」って、そう、聞いた気もするけど、気がする。。。

「こんな素晴らしいブルーレイ、五千円でいいんすか?!」

氣志團ちゃんは素晴らしい。すんばらしい。こんなにも心踊る。

 

 

っというわけで、まだまだ氣志團ちゃん見る。

あーGIGに行きたいなーーー

 

 

 

※せっかくだ、自分の思い出のためだ、書いておこうじゃないか

 

 

はりきって行ってきた!

家から電車で数分である。駅上がってすぐである。とっても楽ちんである。。。!!!

氣志團ちゃんGIGはやっぱり楽しい。なんだかとっても居心地よく、楽しかった!

 

 

「四星球との対バンシリーズに登場の氣志團ちゃん 大阪城野外音楽堂」

 

外です。野外です。暑いです。虫飛んでます。虫っつぅかトンボとかセミとか頭上飛んでた。

んが!

日がかげると涼しい。上手側は開演してわりとすぐ日陰になったので涼しかったよ。

身軽にやってきたので、汗だくでしたが楽しかった!

 

 

衣装も、初代学ラン(の、早替えできるやつ)だったので、

まるで「原宿暴動」を、見ているようだった。。。(わかるヤツはあの場でどれだけおったのだろう)

 

 

喧嘩上等

デリキス

BABY

すぃんぎん

330

SUPER BOY FRIEND

わんない

すーしんちゅうのわんない

わんない恋だんす

 

 

↑っというメモ書きを残していた(わたし)

 

デリキスでテンション上がったの、もちろん、

330は翔やん休憩のため、居なかったのでランマとのハモり聞けなかったけど330があった!

↑の、最後のほうがやはり氣志團らしくってとてもよかった!

翔やんのいつものMCも大いにうけており、予定よりも長くなっていたように感じた(のは、わたしだけ?!)

この時の、楽器陣の「ぼーっと具合」が、いつにも増してスゴかった気が(ギター陣)

ランマは、右足つま先のちょい先ぐらいを一点に見つめておられた(暑いんだね)

トミーはこの日、一寸たりとも表情変えておられず(GIG中も、ステージ前のほうに煽って出てこられた時も、四星球を客席の右端で見ておられる時も)

(なんぼ程トミー!っと叫ぼうが表情変わらず)

 

 

最後のほう、

四星球の曲も知らんしほしのげんの曲も知らんし恋だんすも知らん私なのだが、

「さすがやなぁ」っと、だいぶ思ったよ。さすがや。こんなに氣志團って出来るバンドだったね。そうだ。そうだよ。

とっても楽しかった、久々の大阪GIG。

ケンちゃんの青髭っぷりがかつてない感じだったよ。。。!!!

 

 

んで、

わたくし初見の四星球、

隣に居合わせた四星球ファンの女の子にいろいろ教えてもらいつつ、とっても楽しめた!

このへんの界隈のファンの方々はいい人が本当に多いなぁと思う。

一部のキッシーズみたく、出番もしも逆だったとしても、ごっそり帰ったりなんてしないんだろうなぁ。

正装が、白ブリーフに法被な方々、

要するに男前なのでそんな正装なんだと思われる。

思いの外長く、ネタ多く、長かったが面白かった!

「(氣志團さん)俺らの4倍の値段のホテルに泊まっていただいてありがとうございます」と言ってた。

客席の左のほうでずっと見てた翔やんが、結局ずっと見ておられ、

口あけてうれしそうにしてらした時が垣間見えてしまってちょっと、嬉し楽しかった。

 

 

こんなんまたあれば是非とも行きたい!

またはないかもしれんがないかなぁ。

真夏の野外は楽しいぞーぅ!

 

 

 

 

城陽。


「しょうやんが超絶カッコよくって何度も仰け反りひっくり返りそうになった」


これホンマである。
アホみたいにGIGに行きまくっていたあの頃に何度も思った、
仰け反りかえるような殺されるくらいの鋭さ、
雰囲気も瞳ももちろんのあの鋭さ、
鋭すぎるその瞳をあんなにまじかで見た日にゃぁ。
落ちないハズなどなかった。
「まじか!!!」あの曲をあの流れで投入されただけでも倒れそうになったのにー
がっつり手を掴まれた日にゃぁ落ちないハズなどない。
キモさはお互い様だよ仕方ねぇじゃーーーんな終盤でもなんやかんや、
ちょっと痩せていたしょうやんはこれまた超絶かっこよく、
あぁぁわたしはどないしよう。


わたしはわたしなりに彼らを応援すればよいのだ。。。
好きになるのは勝手だもんねー。
がんばろ人生いろいろ。生きてりゃいろいろあるーーー。


その後の酒場で「ちくびの位置」やら「人生プラスマイナス」やらというおかしな話題で盛り上がりすぎなんですけれど、
わたしの人生がけっぷち感満載なんですけれど、
がんばろあれこれ。
がんばれよーお前。
おやすみなさーーーい。


はぁぁ行ってみたひわ・・・(でも東京ばっか)
と思っていたのだけれど今年は地方公演が!
っと言っても関西2つだけです。(毒を吐いてはいけませぬ)


いろいろ消化不良なところもありあやのこ氏に文句言いたい部分もわんさかありますが、
それは我に問題があるのかもしれないなんちゃらとか考えてたらまた暗いところへ落ちてしまいそうなので
あやのこのせいってことにしておこう。
文句なんてココには書かないわ!
楽しい部分もあった。あれこれ。
10-FEET楽しかった!
普段、見れないようなバンドが見られるのは楽しいやね。
次のGIGは万博ってことになってしまふんだろうけれど、
その次はなんなのだい。
それが相当に面白いならば見に行きたい。是非とも。



ってな感じで「なんか面白いことないかな」
なんて日々思ってしまってるこのカンジ。
イカンのぅー。
あの、一か月ほど前の「体力限界に達する」感は無事に元に戻ったのですけれど、
なのでヒマを持てあましている感ありき。
いや、ヒマなのではない。このままでは確実に盆休みなどナイ。
あれ、なんのハナシだ。まったまたわからんくなってきた。。。


自分にきびしく!あれこれがんばりなはれ自分。
どっか行きたいな。あやのこみたく、京都から8時間半もかかって行くようなトコ。
(それって現実逃避って言ふんだよね)


(そういやCD買ってない↓買ってやろーかな・毒)

評価:
氣志團
影別苦須 虎津苦須
¥ 1,656
(2014-05-21)

へ、行く(長野わたしひとり・金沢ではお友達と合流)


ことしの夏の、メインイベントであった。(わたし)
しかもひとり(長野まで)18切符を使ってウキウキ行くという、
鉄オタっぽいトコロを発揮してしもた。
なぁんと楽しいのだろぅ!楽しいよ!
路線違えば電車も違う。駅もまちまちで名物だってまちまちだ!
歴史的知識や建築知識、土地にかんする知識など背景を考慮しつつ風景、建物を見ていくと、
さまざまなものが見えてきてとってもオモシロイ!
わたしはそんな人になりたい。


はてさてまったまた話ずれたけれど、
きしだんちゃんGIGがこの旅の一番の目的。
そうだねきしだんちゃんGIGがあるからこそ、この旅もとぉーってもオモシロイ!
せっかくなので自分の記憶用に書いておこう!








(↓ながいよきっと)


注:長野


そうねあたくし関西人。
遠いがな!!!
きんきゅーこん(あれは確か2008年)以来の長野。


そうだねこのツアーはライブハウス。
あれこれ楽しかったぁ!
勉強になったりも、するGIG。
明日もあるんだーいっ!
楽しみスグル。
もう寝なはれ。
しょーやん超絶かわゆ。。。



。。。っと、世間ではハッピーバースデーきんきちゃん!
トール氏!
っと盛り上がっとる中、
おいら氣志團ちゃん。
あの曲聞いて激烈に嬉しかったやん!!!
おいらでっきるだけ!見た目すこーしでも若くありたい。。。
あの曲聞いて、昔とか昔とか思い出したやん。
んでも、未来も存分に夢見たいやーんっ。
あかん、もう寝よ。


きんきさん、お誕生日おめでとうさん。
あれから16年も経ったよ。経ってもたよ。長かったなぁー。
次にお会いできる時が、超絶楽しみなんよー
テレビでもなんでもいい。
きんきちゃんに会いたいぞーっ。
いっつもありがとう。


はてさて寝るどーんっ!


写真がなくたってよいぢゃない

※今年のブログは写真をたくさん載せるぞい!
っという、今年に入っていつぞや。。。一人こころに決めた決め事その1。


はてさてー!


あれこれあれこれ、
楽しいすぎた「きしだんちゃん@大阪GIG」はこれまた、
ゆかいな仲間たちと参戦するからなのでしょう、
ミラクルがあっちでもこっちでも起こり、
それはそれは楽しい日々であった。
ほんとうに楽しかった。
あんな楽しい日々があるのだろうか。
ってなくらい楽しい。


(書ける部分をちょっとだけ)


「一列目の奇跡とか」
己だってはじっこだけど2列目の興奮とか。
しかーしいかん。翔やんを、近くで見ることーに随分慣れてきてしもた。
いやぁ、2階席から見た氣志團ちゃんだってサイコーだったよ!(あれは高松)
頭、おかしゅうなる。(いつものこと)


そしてわたしは、おかしな夏の旅の計画を立てはじめた。
こりゃいかん。
しかーし。あやのこの色気ってのは、凶器狂気だと、本気で思うのだー。


昨日もなんやかんやの奈良方面。
こうなりゃ、いろーんなモノを、自分の好きなほう、好きなほうに向けてやったら。。。
などとも、思い始めた。こりゃ。
大切な自分の人生1回っきり。。。


はてさてー。

待ちに待ちすぎた氣志團ちゃん京都。
「楽しみにしすぎててキモい」
やすみの日なのに、朝7時前に目が覚めてもてそっから寝られなくなり「そーんな早よ乗らんでも間に合うわっ」ってなくらいの早め早めの電車に乗り。
行ってきました宇治。
「ココドコ?!」
会場となるホールったら、住宅街の真ん中ですやん。
バス降りて「ドコ?!」
そんな言い方をしてはいけません。
しかし思わずもれました何度も。
宇治市に行ってきた。




(↓だれも見てないとも・思うけれど若干ネタバレるで)


※たんまに更新したと思ったらきしだんちゃんの話題ばっかしでごめんねほんとうに申し訳ない(笑)


握手会に行ったのだよ!
えけびでもせくぞんでもない。
あやのこのね!


んまぁ、数日前からおかしいことになり、
夕方5時くらいからおかしいことになり、(己の頭がね)
なにを言おうか考えたのだけれども10秒くらいしか時間ないと聞いていたので10秒でなに言える?!っと思ったら何を言うたらええのかなんて結局わからんくなり。
激しいどきどきに口数少なくなり(いつもはしゃべり倒すお友達のド赤組のみんなして)
直前ではさらにひっくい声で目が座っている中「どどどどど。。。」っと話すみなさん。
変な汗をかき、「無理だ」「どないしょ」「姿を消すから」「って無理やろ」「見えるやろ」「うわー」「うはー」「うぉ」「あぁぁううぅぅぅ」
っとか言いながら、少しづつ場所を変えて待たされて翔やんに近づく己ら。


サイン本お渡し握手会なんて行ったことございませんから、段取りわかんなかったのだけれども、
プレゼント持ってったのにこちらに入れてくださいと言われた。
なんっと!これで時間持つかしらと思っていたのに!!!なんったること!!!
おかしな汗をかきまくった。


最初にMのふたりが行かれたので、それを2メートルくらい離れて見ていた。
ってかその前から、「声が聞こえるぅ!!!」
あやのこの声だけ、姿は見えんけれど聞こえてきた。
「うわぁ!!!」っと言いつつ、「声でかっひとりだけ」っとか思いつつ、
「ひさしぶりーっ」とかいろんな人に言ってるの聞こえて、
ん?!なんのはなしだ?!ほんとなのかよ!?
↑のMにも「ひさしぶりー」って言ってたんだけれどもほんまかい?!って思ってしもた。
いたしかたない。
んま、そんなもんだろぅ。。。(なのでその直後に全員の顔を覚えた自信ありと仰ってたがほんまかい!って思った笑)


うわ、うわぁかっこいいどないしょ。。。っとか思いつつ、
おいらの番がやってきたぁ!
っとか思いつつも、わたくしにはひさしぶりとは言われなかったので「よかったぁ面割れてねぇ」って思ったんだけれど(笑)


↑この時点でおいらの記憶はあらかた飛んでいる(あかんすぎる)


あうぅぅぅ嬉しかったぁ。
じぃーーーって目ぇ見て(サングラス越しですけれど)手握って話してくれるんだもの。
「うっ、あっ、えぇぇあの・・・」っと言ってる間「(?!)」っというような優しい顔でこちらを見ていてくれた。(たぶん)
「大好きです!」と言ってしもた己に(年甲斐もなく・アカンと思われる)、たぶん嬉しそうな顔でなにかを言うてくれたのだと思われる。(忘れた)
はうぅ!!!って思っている己は、そのあともなんか言うた(忘れた)
しかし最後に、こちらからは言ってないけれども「GIGに来てね!」っと、もはやムーリーっと去ろうとしている己に翔やんは言うてくれた(笑)
アカン、参戦日増やそうかな。。。


時間にして、きっとものの数秒。
翔やんは顔むくみすぎだったけれども(きっと最高潮であった)
楽しい嬉しいどっきどきな思い出がこれまたひとつ増えた。
思い出してもニヤついてしまふ。
サイン入ってる本を、にまにましながら読みながら帰る己。


あらためて翔やんのつぶやきを読んでみて、やっぱしこの人が好きだなぁと思って、
氣志團の、翔やんの近い、遠い未来を思ってみて、
そこを見たいなぁ見たいなぁって心から思った。
だってほんとうに見たい!
ここが正念場の氣志團ちゃん、
翔やん、かっこよかったよぅ。


あと、お友達は年上(わたしよりも翔やんよりも)
その時は、あっ、年上の人が来た。っていう態度をされたそう。
それを聞いてさらにおうっ。。。っと思った。
今日一番の好感度ポイントやもしれぬ。


しばらくこれまた翔やーんっ。って思う日が続くけれども致し方ない(笑)
帰ってまたまた本読もう。。。




酒もすすむわーいっ。の図。







※ようするに氣志團ちゃんGIGに行く。


世間はこーいちさんこーいちさん祭りな中、
ようするに氣志團ちゃんGIGへ行く。
きょうは。きょうも対バン。


楽しみすぎて楽しみすぎて、浮き足立ちすぎて浮かれすぎた。
うっかりこれまたどえらい前で見れてしもたもんだから、
見てるこっちもおかしけりゃ、舞台上の彼もおかしかった。
あぁそうとうおかしかった。
おかしいのは我らも彼らも一緒さ!!!


今日は「落陽」でギター弾く翔やんがごっつぅ!!!見れたので嬉しかったぁ。
ほんで、明日は。。。どきどきどないしょーーー


対バン相手(とは言わねぇのか)の、スカパラが楽しすぎて大暴れしすぎてしもた。これまた。
氣志團ちゃーんっ!で腕上げすぎて腕上がらんくせに(笑)
いやぁ楽しかったなぁ。
そしてこれまたばくちく兄貴。
その妖艶なたたずまいを目の当たりにしている自分がこの世の出来事と思えないくらい妖艶だった(?!)
要するにボーカル櫻井あっちゃん様。が妖艶だった。
びびった。あれこれ。


対バンも楽しいなぁ。したらワンマン見たくなるけどー。んでも対バン楽しい!
また行きたいなぁー。


ほんでそんで明日も、頭も様子もおかしな四人組。でこれまたピリオドの向こうに行ってしまふかも。
むほーーー(もはや妄想だけでムーリー)
どうなることでしょう。。。



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

メール

なにかありましたらこちらまで。

Web Crap!

KinKiりんぐ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ライブとかいろいろもろもろ
    ちえ
  • ライブとかいろいろもろもろ
    おてぃよ。
  • こんしゅうのどにち
    ちえ
  • こんしゅうのどにち
    RIEMIN
  • 約2週間ぶり
    ちえ
  • 約2週間ぶり
    おてぃよ。
  • Lコンブルレイ
    ちえ
  • Lコンブルレイ
    えつ
  • 堂兄ラストライブとか
    ちえ
  • 堂兄ラストライブとか
    kumi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR