日曜日、飛鳥へ行った。すんばらしかったので覚え書き。


飛鳥へ行くのってつよしさん石舞台以来だ!(たぶん)橿原神宮へは行った(いつぞやの正月)
なんだかふらっと来れておらんかったのだ!
阿倍野から40分くらい。近いやないか。。。また行きたいゼーっ!





まずは石舞台古墳(の横の、広場)に行った。「アレ、こんなんだったっけか。。。?!」
そら、ライブの時と違うけど、こんなもんだったっけか。そうか、ここか。
いやぁ〜すっかり覚えてないよ〜寒かったのは覚えてるなぁ。必死だったのぅ、いろいろと。





そこから、自転車で淡山神社へ行った。
ココ、飛鳥側から自転車で行ったらあきません。要するに山の頂上まで延々坂道のぼることになってしもた。。。
友達の要望により、行ってしもた。
桜井市側から、バスで25分の山ん中にあります。紅葉で有名なトコ。
噂のつよしさんお守りも買ったー。


んで!
神社さんで、拝観料600円って珍しくねぇ?!(ちょっと前に値上げされたようだ)
よくできた(と言ったら失礼ですが)神社さんであった。
のぼってすぐの講堂(なんかな、忘れた)に入らせていただくと、でっかい、人の大きさよりちょっと大きいくらいの神像が白い薄い布に覆われていらっしゃった。
ほーぅ。ほーぅ。と座りながめておった。が、ふと!
その右側を見ると、対になった狛犬が。なんとな〜く見てると、「伝・運慶作」って書いてあった。


え!!!!!


ナチュラルすぎてわからんくらいにしれっと書いてあった。
え!!!確かに玉眼入ってます。。。運慶は狛犬も造っておったのか。一派の作ってことなのかーい。
しかーし、
こんなにもしれっとこんなお宝モノをしれっと置いてらっしゃるって、
さすが奈良・・・・・(恐るべし)
いただいたパンフレット見ても書いてなかったよ。


(そして、せっかくなのでググってみた)
ら、京都の地主神社さんにも運慶作の狛犬はあるらしい。
やはり!淡山神社に!運慶作の狛犬が!っと、びっくりしてらっしゃる方多し。
ナゼに書かない(そこが奈良)
びっくりしたやーん。言うてくれたらもっと楽しみに行ったやーん。
それにしてもネットって便利ね。運慶調べてみようー(運慶大好き)


そして、その前にそびえ立つホテル「多武峰ホテル」
近代建築好きとしては(好きが多いと困る)見にいくやーん。
ランチもできるようで、「いらっしゃいませー」とか言われるんだが「いや、建物見たいだけなんです。。。」
(なんやコイツ)というカンジで見られること致し方ない。いいなぁ。古い、趣のあるホテル。
泊まってみたいなぁ。高かった。
金曜の夜とかから行けばいいんかなー。いいなぁ。





んで、岡寺に行った!
日本最大の塑像を!一度拝見したく!
ここも、よくできたお寺さんであった。山門からのアプローチ(とは言わんか)が素晴らしい。
全てに手入れが行き届いており、素晴らしい。
その、如意輪観音座像ははじっこをベールというか白い布に隠されていて全身を拝見、できてたんかもしれんけどそんな感じであった。
そして!
その、本堂の手前にいらっしゃった如意輪観音菩薩さんがすーばらしかった!
素晴らしかったので帰り際にもっかい見に行った。
ナゼ!やはり!それをパンフレットにも書いてくださらない。ホームページにも載ってなーい。
しかし岡寺さんはインスタグラムがとっても綺麗。(いつも見ていた)そちらにはあげられていた。
ネットって便利。





そして飛鳥寺。
飛鳥寺にまだ行ったことないなんて私はモグリだ。。。アカン。。。
と、思い続けておったのだ、そういえば。
ここのお寺さんもすばらしーい!!!田んぼのど真ん中にある。
いろんな本で読んで聞いてしていた飛鳥寺。奈良の歴史の本読んだらじぇったい出てくる飛鳥寺。
日本で一番古い飛鳥大仏さん。
初めて御会いした衝撃。


私が想像していたよりもとっても美しく、
損傷が激しいと書かれていたが綺麗に修復されているように思えた。
しかし、よーく見てるとああ、そうか、お顔のに筋あるなぁ、とか思うくらい眺めておった。
確かに、他に類を見ないお顔をされておった。
仏像は、その前に正座して手を合わせることが素晴らしい。見方がじぇんじぇん変わる。
これは素晴らしい。ここも、また来たい。


そして、そのお寺を出たとこにあるお土産物屋さんで「蘇」(古代のチーズみたいなもん)
は、買わず、
最初に行った、石舞台の横のお土産物屋さんで、菜花と古代米買った。
これが。。。おいしい!!!
行った先でこういうものを買えるってとっても嬉しい。そういえば、岡寺の前ではっさくも買った(3個で100円)
飛鳥は素晴らしい。広くて、移動に時間かかるが、
また行きたい!


やはり、行った先で見たいのは仏像だ!!!


寺に行った。仏像眺めた。ひっっっさしぶり。。。


(休みだってなんだって、自分で作ればあるのだ!時間ないとか言うのはいいわけなんだ!っと、
思うきょうこのごろ。。。)



(聖林寺からの眺め・三輪山見える・そんだけでありがたい気持ちになった)


朝起きて、近鉄電車。
ちょいと前に、上本町近しなところに引っ越した(わたし)
このへん(桜井市とか、奈良の中心部)がこれまた近いやい。嬉しい。
今週3かいめの奈良(大阪←→奈良間の回数券ってないんかな。欲しいわい)


朝起きて「あそこ行こ」と思ったのが安部文殊院からの聖林寺であった。
行ったことなかったんだ。。。
もすかすてあの有名な文殊菩薩さまは秘仏だったらどないしょ。。。っとか思いながらも電車に乗っていた。
(電車の中で調べる気とか、なし)


駅降りて、一応家にあった奈良本(たくさんの中の一冊)の地図写真に撮ってきてたけど、
目の前に観光案内所があったので聞いてみた。
ら。
ご丁寧に手書きの地図と、懇切丁寧な説明と、さらに地図くれた。
「歩くんですか!」っとか言われながら「一時間くらいなら全然歩くんですけど」「バス。。。って言っても一時間半に一本しか。。。あと50分後。。。」「ええ、歩きます」「お若いから大丈夫でしょうけど。。。」「いえ、お若くないんです。。。」っとかなんとか言いながら。
歩くの楽しいやーん。
「どっから来られたんですか?!」「大阪です」「へぇー。。。」
なにやら聖林寺は安産とか子授かりとかで有名らしくって、それかと思われたらしい。
(わたしはかのフェノロサ!が大絶賛されたという十一面観音さまに会いたいだけであった。)


てくてく、歩きだしまして、
途中ある小さな神社とかにも寄り道しながら歩き。
(なるほど。。。そういうことか。。。)
駅から反対側の大神神社は、ハイキングコースとして有名らしい。
そちら側を歩く方は多いけれどもこちらは少ない。
そう、
古い町並みが残っていたりはせず、軒並み新しい家だらけであった。(そら、歩いていても面白くない)


んで、安部文殊院に行きまして、
お抹茶いただきまして、
文殊菩薩!!!


思ってたよりも大きかった。ものすごく大きかった(7メートル)
んで、快慶。ライトアップ!!!


っとなりゃ、最強である。すんばらしいいぃぃぃかった。
他にもたくさんの仏像がいらっしゃった。
ぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる見た。
すばらしいぃぃいーかった。


からの、聖林寺。
いやーここまで来るのにこんだけ汗かいたんやしあとどんだけ・・・
しかし後戻りはできなーい(バスなーい)はりきって歩いた。


ら!あの絶景である。
いいなぁ。こんなところに住める人って幸せだなぁ。家の窓から三輪山見えるとか素敵じゃないかー。
いいなぁいいなぁ。


聖林寺はさっすが!私が寺を出て坂道下っている時に一組のご夫婦とすれ違った。
くらい、誰もいらっしゃらなかった。わたくしお堂と収蔵庫にひとり。


「ほーーーーーーぅぅぅ!!!」
そりゃ大絶賛するわ。
見ればみるほど美しい十一面観音さまであった。
収蔵庫の中に書いてあった略歴(とは言わんかもしれんけど)を見てたら、
いろんなところに置かれ、廃仏毀釈で興福寺の阿修羅さんほど放り投げられてはおらんけども、
それなりにいろんなところに置かれていま、ここ。なようだ。
なるほど。。。
それだけの歴史を歩んでこられた十一面観音。見ればみるほど奥深いように感じられた。


んで、嬉しげにポストカード買って、帰りました。
ならまちにも帰り道(じゃないけどちょっと行ってみた)が、観光客増えましたねー。
数年前はだぁーれもおらんかったのになー夕方になったらだぁーれも歩いてなかったのになー
欲しいかばんとか服とかあったけどお高かったので買えんかった。
また行こ。


ひーっさびさのお寺さん行きは、やっぱり楽しいすばらしい。
次はどこ行こ。奈良の奥のほう、やっぱ最高である。


へ行く。2015。


前に行ったのはいつだったのだろう。。。御朱印いただいてないからワカラナイ。
っと、御朱印帖持ってったんだけれどココでは御朱印いただけないのであった。





ちらほらと人がいらっしゃったがそのうちわたくしひとりになった。お堂にひとり。
しぃぃぃーーーーん。。。
寺のお兄ちゃんとふたり。
しぃぃぃーーーん。。。
お兄ちゃんの視線を感じながら、
技芸天さんを眺め、あっちからもこっちからも眺め、
右に移動し別の仏像を眺め、眺め、眺め、
はじっこまで行ったらまた戻りながら眺め、
真ん中の薬師如来さんに手をあわせてお金を入れててをあわせてながめてなんやかんや。。。
今度は椅子に座って遠くから眺めてみてぼぉ。。。
今度は栞を読みながらふむふむ、
これまた違うとこに立ってみて眺めたりぼぉぉぉ。。。
要するにだいぶ長いこと居た。ひとり。楽しかった。


またまた外へ出て休憩所でぼぉぉぉぉぉ。。。
空を眺めてみたり草を眺めてみたり空をながめてみたりタバコの煙をじぃぃぃ。。。
っと眺めてみたり。なんやかんや。


要するに相当、ぼぉぉぉっとしていた。
楽しかった。寺へ行くのは楽しい。


帰り、西大寺の駅まで歩く最中にアイス買お。
っと思ったらアレ!?さっき500円のおつりをいただいて。。。


要するに、あの暗いお堂の中で十円玉と500円玉を間違えたもよう。
ぬおっ!
どうしよう。芸事がものすごーく上達したら。。。
ギターとか、上手くなったらどうしよう。。。!!!(ひいたことない)


お寺さん。また行こ。


今年もよろしくお願いいたしますーっ


新年から出不精すぎました今日このごろ、
今日、連休最終日には意を決しまして、これまた奈良へと向かいましたとさ。
今日は橿原神宮さま







それなりに人が多かった。
からあげをわしゃわしゃと食べたりたいへん楽しかった。
しかし、もっちろんですが目的はご参拝。
のみ。
である。
あっという間に折り返し電車に乗ったわたくしであった。
こんなことではイカン。とも思うのであるが。
(しかしこれまた面白い建物など写真に撮ったりうろうろ。は、普通の人に比べるとしているハズである)


昨年のわたくしは、その前年に比べると寺や神社などにあまり!行っていないと思われる。
仕事絡みで、西大寺まで行くことがものすごー増えた。
あないに「いっそ住みたい」と言ってたが、
いざ、仕事で通ってしまうと(素通りしているだけだがー)
それなりに悲しい。
西大寺(お寺さん)に通えてるわけではナーイだから。。。か?!
もっと楽しみたーいっ!
今年の目標のひとつ。


今年は、たくさん本を読みたーいっ!
本を読む時間をそれなりに確保したーいっ!
個展や美術館にもたーくさん行きたい。
ひとまずの目標こんなの。
それ以外は手帳に書こ。
あの、昨年末みたく、くらぁーいかんじ(わたくし)にならぬよう。
がんばろ。
いろんなもの。


1月からつよしさんリリースとか、
2月もアルバムリリースとか、
嬉しすぎてニヤけるカンジですが、
それ以外にもたーくさんニヤニヤ出来るように、
がんばろうっと。





※定期的に寺に行かねば病んでるみたいになる子


今日は四天王寺。聖徳太子ゆかりのお寺。
(写真あとで載せますネ)
知ってはいたさ大きなお寺。天王寺からすぐのお寺。高層ビルの中に建つお寺。
広い。あぁ広い。圧巻であった。


そして。こういう大きなひろーいお寺は。
観光バスがひゃ〜っと止まっておばちゃんたちがうわーっと見て去っていかれるいわゆる中心部分。
以外に!
すんばらしい仏さまがいらっしゃる。
裏っかわとかに、ほんとうにすんばらしい!仏さまがいらっしゃる。
ここも、まさにそうであった。
大きなお堂に、わたし一人。
うわーっ!!!っと思ってしまう場所が、たくさんあった。


(あとで写真載せますぅ)


そう、そしてここは大阪。
奈良とは少し違い、戦争をどっぷりと経験なされたお寺さんなのであった。
(言い方難しいですね。申し訳ありません)
現在の価値で、2億近くかけてつくられた梵鐘がこのお寺のシンボルだったそうなのだけれど、
戦争のために、解体されたそう。
その展示やら、なにやらなにやらをじぃぃーーーっと見ていた。
ひろぉいお堂でひとり。
そう。裏っかわとか、外れたところとかに、すんばらしい仏さまがいらっしゃる。
行ってよかった。
あと、「こんなところに!」
日本に活版印刷を持ち込まれた方。(検索避けたひ)の銅像などがあり、ひとり、大興奮。


そして次の日もどっか行きたかったのだけれどー
早起き出来なかったため、断念。
今週末はどっか行く。奈良の、南のほう。。。(大好きエリア)
真夏だけれど、行く。行かねばならん、気がする勝手に。。。


あぁぁぁぁ旅に出たいぃぃいぃ(チケットやら、空いてる宿とかがなーいっ)
こころの叫び。


ただいま秘仏公開中!

ここのお寺さんの看板さまが秘仏だったということを知りましたのは、
まぁそれなりに最近だっわけで・・・
ただいま秘仏公開中。


「まずは法華寺」




「お寺に行くのは早朝がオススメ」
って、こないだ買いました仏像の本に書いてありました。
ってな、これまた早朝(って言っても10時頃)行く己。


「ほぅ」よーくグラビアで見させていただいた十一面観音さま。
この寺だったっけか?!
仏頭(言葉の通り仏様の頭のみ)がでででーんっ。っと置いてあったのですけれども、
それがとっても面白かった!
丈六の阿弥陀さん?!の仏頭のデカさに大興奮。




梅がキレイ。


「そしてそっからすぐ近くの海龍王寺」

ここの十一面観音がスバラシイ!!!
近くで見れる!ものっそ近くで見られる!
そして、明治かそのくらいまで完全秘仏だったらしく、彩色がものすごく残っている!
思わずじぃぃぃーーっと見る我。
おじちゃんばっかしの中。
(見事におじちゃんor老夫婦が主。というかほぼ)





そしてそっからあれこれ歩く己。
ならまちとかきたまちとかならまちとか。
新しいお店など出来ていたり。
それなりに、人多かったりなんちゃら。






はい。


そうですね寺へ行きました。
「寺へ行きたい・・・」
呪文のように唱えるようになってからではもはや遅い。
しかしとっさに行ってみた。


「きょうは葛井寺」

そうだね金曜日くらいに急に思い立った。「明日は18日ぢゃねぇか!土曜日ぢゃねぇか!!!」
葛井寺の秘仏が毎月18日のみに御開帳であることを、数年前から気にしていたのにー
ウマい具合に土日に重なるなんてことはあったような、なかったような。
これは行くっきゃない!


と、急に行ったのでした。雪の舞う中。



そんなこんなではりきって行ったのに。のに。
カメラ持ってったのに、またしても「充電したまんまの電池を充電器に差したまんま」
カメラだけ持ってきてたのでありました。ので写真なし(残念すぎる)


ここのお寺のご本尊、日本に3体しかござらん「ほんとに手が千本ある千手観音」
どないなものでしょう。と張り切って行ったのですけれども、お堂の中は暗くてよく見えなんだ。
しかも、「住職待望のお厨子」高温にも耐えられる、現代の科学が生み出したお厨子の中にいらっしゃるので、
さらに全くと言ってよいほど見えなんだ。
なんだー。
しかししかし!
うっすら見えた。手がいっぱいあった・・・(そんなまたしてもひらたい感想など)


あ、しかし。寺の門をくぐった瞬間「なんと!賑わってる寺!!!」
まぁ、月に1度の秘仏公開ですし。わんさか人がいらっしゃった。
お年寄に混ざり、線香につぎつぎ火をつけるワタシ。


あと!ここは大阪。しかも南大阪。
御朱印をお願いしたのですけれども。「ライトである」
ひらたく言うと雑である。そうだねここは南大阪。藤井寺市。
「あぃ〜」くらいのカンジでさらさらと書いてくださった。
しかし。雑であった。ここは南大阪。ライトなのである。
隣のおばちゃんは、ナニかの話でごっつぅ盛り上がってはった。御朱印書いてくださった方と。


ってなカンジのお寺。お寺。
今週末はドコに行くのであろう。。。





そうか今日は堂兄の収録なのか・・・


「堂兄@さーや」
もうあれだよ。さーやをレギュラーにしようよ・・・(ポジション的にはいけるハズだウタもウマいし)
あれだけの素質を持っていらっしゃる彼女。
なぁんてすばらしい!!!
最後の最後にこーいちさんを立てられたところとか、デュエットなあたりとか・・・
もうなにも言うまい。ワタシ。


「きんきちゃん新CM」
嬉しいっ!あぁぁ嬉しいっ!!!
ちょくちょくお酒のCMに起用されるわねおふたり。
しかも!なんと!
(そうですねわたしは常日頃からあの酒を飲んでいる)
「酒はサッポロ」父譲りのこだわりポイントです。ビール発泡酒の味の好みってのはなかなか変えられないものである。
マサカズタムラ氏とも競演なさるのかな。一緒には出られないのかしら。
その点も楽しみ。。。


「ってなわけでにちようにびの奈良」
2012年仏像はじめ。
思ったよりも寒くなかったカンジの奈良。




今日も田舎道。まわりにだぁれも居はりません。田舎道をすすむー







本日の目的は白毫寺。えんま様がいらっしゃるトコロ。



えんま様は、本堂とは別にいらっしゃるのですけれども、
まぁ、
そこが怖かった!!!
えんま様もいらっしゃいますけれども、それと対でナントカ様(てきとー汗)も反対側にいらっしゃる。
あぁぁ怖かった!!!
まぁ、わたし以外に参拝の方がいらっしゃらなかったというのもありますけれども。。。



まさにこれこそ「南都一望」

そしてそこから、「昼メシ昼メシっ!」と、さびぃに載ってたかわいらしー新しいごはんやさんに行く。
が!
が!!!
「住所をあいふぉんに入れておいただけ」でやってきましたね。いつもそんなのです。
ぐーぐるで検索してみるのだけれども、「どう考えても墓地やんけ」ってなトコロにたどり着く。
「いやいや、墓地にカフェは作らんだろ・・・」
ネットをぐるぐる。
したら逆方向やんけー(ぐーぐる地図は間違うのだな。たまには)


「なんとなくあっち・・・」
あいふぉんの電池は、切れる寸前でした。
なんとなくあっち。
なんとなく歩いていったのだけれども「あれ、町名変わってもた・・・」


「なんとなくこのへん・・・」
そのあたりでふと、急に。「ごま油のものっすごいイイにおいが!!!」


いいにおいのする方向に歩いていったらありました。「花」








そのあと、ぴっかぴかの「東大寺ミュージアム」にも行きました。
釈迦誕生仏のフィギュアが、開館記念価格でお安かった。
見本がくるくる、まわっていた。
相当欲しかったのだけれども、我慢して帰りましたとな。


そんな奈良・・・(またそのうち。に、つづく。ハズ)









奈良。


朝の東大寺さん。なんと東大寺さんは7時半開門だそうで、
なので7時半に着くように行ったのであります。


周辺のお店もまだ閉まったまま、
人もまばらな中の東大寺さん。
貴重でした。
いやはぁ、ちゃぁんと、資料として必要な写真を撮りに行ったのだ(じゃないと朝一でなど行かぬ)
がんばろ。



何度見ても立派だわ



本日一の鹿の親子。ちぃさい。かわいいかわいい。


今日は早く寝ましょ。今日こそ。歩きまわりすぎてちかれた。




ようさん歩いた。しかしこれまたエエ時期に行ったのでは!っと思った。
シャクナゲで有名なお寺だったのね。行く直前くらいに気づきました。(いつだってそんなの)




















「もっともちいさい五重塔」とありましたが、そーんなに小さくもナイ。
さすがは花のお寺、たぁくさんの方がいらした。
ほぼ、お年をめされた方々なのですけれども、途中、
「土門けんの写真のすばらしさを語るおじいちゃん」やら「シャクナゲを枕詞に一句詠みながら歩いている方」がいらした。
寺ってすばらしい。


そしてそして、わたしはもちろんのこと「う ん け い の ! じ ゅ う に し ん し ょ う ッ !!! 」
ってウキウキしながら金堂に向かったのですけれども、
まぁあたりまえっちゃぁあたりまえで、寺の本来の目的やらを考慮しますとそうなのですけれども、
あんまし見えませんでした。
うん。ワタシの目が悪いというのもある。
しかし見えないワ!中央の阿弥陀如来さんだって、しゃがまないと頭の先までは拝見できません。
そうですねそもそも、
一般庶民はこないな仏さまを見せてはいただけなかったのだから、
よーく見えるようにはなっていないのがあたりまえで、
しかし惜しいものよ。
ポストカードセットを買って帰りました。


そしてそこからさらに歩いて「室生龍穴神社」

ワタシ数年前から、行きたくて行きたくてあぁ行きたくて。
室生寺と同じように有名な神社ですが、これが。これがー思った以上によくて!(と言う言い方は失礼ですが)
そうとう居ました。(いつものことですが)
なんたること。こないな所が在るとは。こうして来れるとは。
なんたること。




コレ正面から。すぅっと参拝して行ってしまったのですけれど、さらにこの奥に、立派な朱塗りの神殿があったそうな。




そっからさらに歩いて、歩いて、神社のおばあちゃんに丁寧に説明をうけて、歩きました。
「竜穴」と呼ばれる、その名の通り、古来から竜が住むと伝えられる場所。
これがまぁ、
みなさん当然のように車でひょいーっと行かれるわけみたいですけれども、
まぁワタシ歩きです。
1.3キロくらいの距離らしいですけれども、
だぁれもイナイ山道を相当歩きました。楽しかった。



「着いた」

さらにえんやこらと階段を下ると、ありました



ウマいこと説明なんてこれまた出来ませんけれども、
昔っから龍とは水の神様で、
いまでもこの場所では雨乞いの儀式が行われるそう。
神社ってのは古来からの日本人があたりまえに信仰したこころの有様なわけで、
わたしなんぞが生きてきた時間なぞはほんの一瞬でしかないくらい、
そんなにも長い間、この場所は人間の思いと共に在ったわけだ。






右側から水が流れて一枚岩を流れて、その下は底が見えるくらい澄んだ水がたまっていた。
なんたることー
っとか思い、ずぅーっと座っていたら、突然真後ろにおじちゃんが現れてびびった。(フツーにわたしと同じようにやってきた人)


そないな、歴史上の数字であらわせる過去と、しかし思えば思うほど計り知れん時間を思うと、
自分のこころの中にあるちいさーい悩みなんぞみみっちく思えてきまして、
「さーて帰るかー」っと帰りました。
いやはぁよかったのぅ。こりゃええ旅だった。
















PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

メール

なにかありましたらこちらまで。

Web Crap!

ついったー

KinKiりんぐ

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ライブとかいろいろもろもろ
    ちえ
  • ライブとかいろいろもろもろ
    おてぃよ。
  • こんしゅうのどにち
    ちえ
  • こんしゅうのどにち
    RIEMIN
  • 約2週間ぶり
    ちえ
  • 約2週間ぶり
    おてぃよ。
  • Lコンブルレイ
    ちえ
  • Lコンブルレイ
    えつ
  • 堂兄ラストライブとか
    ちえ
  • 堂兄ラストライブとか
    kumi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM